忍者ブログ

薄っぺらな楽しみに

軽い内容かつスピード重視の薄っぺらなブログ

まさかのギックリ腰になったった

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

まさかのギックリ腰になったった

痛いです

ギックリ腰は痛いです

数日前の朝9時ぐらい 仕事をしている最中に 自分は左下に落ちている物を拾おうとした
身体を左に ひねりながら しゃがんで物を掴み立ち上がった瞬間
ビギッと腰から音がなった

その時 自分は 何ぃ やっちまっったな!と思いつつも グギッとした音ではないから
背骨や腰骨ではなく 腰周辺の筋肉か筋を痛めただけだろうと判断し
少し休んでストレッチでもすれば痛みも和らぐだろうと楽観視していた

だが

時間が立っても 動けば腰に痛みが走るのは変わらない それどころか動いた時に起こる痛みが強さを増して行く

お昼になるころには 自分は壁などに手を当て立っているのが やっとの状態
もう普通に歩けない
歩くと腰に痛烈な痛みが起こり腰砕けにしゃがんでしまう

これは仕事どころではない
さっさと帰るが得策だと自分は考え家に帰る事にした
幸い 車を運転するには差し支えがない 座って動かなければ 腰に動きを感じさせなければ 痛みは起きない

広告

ここで結論を先に言ってしまおう

ギックリ腰になったら その瞬間に病院に行け!だ

自分は お昼の時間まで判断を保留してしまった
これは失敗だった

自分は車を降り 家まで歩くのだが これが辛い
普通に二足歩行が出来ない 痛めた腰が腰から上の体重を支え切れずに悲鳴を上げるかの如く 自分に痛烈な 腰の筋肉がベゴンと大きく内側にへこむような 電気を帯びたハンマーで殴られたような 痛烈な痛みが襲う

自分は左手を自分の左ももに当て 足を杖代わりにヒョコヒョコと歩く
玄関を入り そのまま家の床に横になる
しばらく痛みと疲労から逃げるように横になっていたのだが このまま玄関先の硬い床に寝ていても痛みが消えるわけではない

自分は立ち上がろうと上半身を動かす 鋭い痛みが起きる 
腰をひねると痛みが起きる 足を動かせば痛みが走る 腰と連動する動きは出来ない
腰と独立した部位を動かし起き上がるしかない

腕は どう動かせば良い?足は どこまで腰に負担をかけずに動かせる? 背中は? 首は どうだ?ああ ダメだ 首を下に向けると 頷いた格好になると痛い マジに痛い 首は腰に連動している

自分は悪戦苦闘し立ち上がる
症状は さっきよりも悪くなっている

左手を左ももに当てるだけでは 腰から上の体重を支え切れなくなっている
自分は右手を右ももに当て 腰から上の体重を両手と両太ももに分散させる
この両手を太ももに当てた姿は 小学校の体育の時間にした 人間跳び箱そのものだ

自分は人間跳び箱状態でゆっくりと歩く
どうせ もう何も出来ない
ここまで悪くなると病院などに行くのも至難である

ギックリ腰になった時に すぐに病院などに行くべきだった まだ動ける余地があるうちに手を打つべきだった でも 全てが後の祭りだ

自分は お風呂に入り湯船で筋肉をほぐす そして 風呂上がりに缶酎ハイを飲み心を弛緩させた
こうなったら酒を飲んで痛みの感覚を鈍らせ ぐうたらするに限る
自分は借りていたDVDを見始める
アニメ映画だ 心が叫びたがっているんだ と言うタイトルで冒頭から物語に引き込む作りをしていて 全体的に 面白い映画であった
それを見ている自分は腰が痛くて声にして叫んでいたがなっ!
自分は社員旅行に行ったときに余ったウィスキーを貰っていたので それを飲みながら見ていたのだが
酒のせいか歳のせいか 時折 ウルウルしながら見てしまった
それを見終わると 本当にすることがなくなってしまった
ウィスキーも飲み干し飲むものが無い
パソコンのキーボードを打つのも腰が痛くて出来ない
仕方なく 自分はDMMのR18禁の麻雀ゲームをして時間を潰す
左手でマウスを動かすのは腰に痛みが走ることなく出来たからだ
何で連続十回も字牌を積もるんだよ と悪態を付きながらゲームをしていたら

スマホが鳴った エアー君からだった

自分がギックリ腰になったことを心配して もしくは 面白がって電話してきたのだろう
会話をしている中で 自分が飲む酒が無くなり退屈していると言ったら
「じゃあ 俺が買って持っていくよ」と言い
エアー君は その言葉の通りに自分に酒をくれた

酒を持って来てくれたエアー君を家に上げ 会社の会長に頂いたタケノコをつまみながら話をする
しばらくするとエアー君が帰ると言うので自分は玄関先まで見送りに行くことにした
人間跳び箱で歩くのさえ辛くなっていた自分はハイハイをしながらの見送りになった
その姿を見たエアー君は 「面白いな それ」と笑いながら去って行った

そして
ハイハイで家の中を徘徊する自分を6月で2歳になる息子が楽しそうに見ていた
息子が とうの昔に卒業したハイハイとつかまり立ちをダディが今更しているのだ
自分がハイハイで移動すると息子も真似をしてハイハイでついてくる
その姿を嫁が悲しい目で眺めていた
悲しくもなるだろう 大きいのと小さいのがハイハイでうろついていては
広告

もう寝る

起きているのが辛くなってきた

布団に早々と入る が 横になるのも痛い
いつも寝るようなベストポジションに身体を持っていくのが難しい
じりじりと ゆっくりと身体を動かすのだが それでも激痛が襲う
そのたびに自分は ああーっぅ と声を出し苦痛に悶える

少し眠りに落ちては痛みと寝返りが打てない事での筋肉の緊張で目が覚める

次の日 自分は家から歩いて2分ほどの整骨院に行った

昨日よりかは多少 動ける
ハイハイから つかまり立ちになり また 人間跳び箱状態で歩けるまでになった
だが
いくら近いとは言え 人間跳び箱状態で歩いて行ける距離ではない
嫁に車を運転してもらい整骨院の前で降りる 5歩 進めば入口だが遠く感じる
人間跳び箱状態で必死に進む
受付を済ませると すぐに呼ばれベッドに横になるように言われた
椎間板ヘルニアを患った時も そうだったのだが 基本的に腰痛を すぐに治す対処法はない
それは自分も知っていた
安静にしての自然治癒が基本だ
自分は治療よりも 痛み止めのクスリをもらえれば良いかな と言う気分で整骨院に来たのだが
整骨院ではクスリを出さないらしい それは知らなかった
整形外科に行けば貰えたのだろうが 整形外科は家から距離がある
車が段差で少し跳ねるだけで痛烈な痛みが腰にきて 叫んでしまうのだから 到底 自分に行ける距離ではない
整骨院で15分ほど電気によるマッサージを受ける
その後 腰に湿布を張りサラシを巻いてもらい 更に 腰痛ベルトで固定する
幾分 楽になった
湿布は冷湿布だ 貼るときが冷たくて嫌のだが 温めるのは良くないらしい
昨日 湯船に浸かったのは間違いだったようだ
筋肉の炎症なのだから冷やすのが正解と言われた
その日は 椅子に座り麻雀ゲームをして過ごす 飽きると布団で寝る
気付いたのは 咳をすると かなり腰にきて痛いと言う事 小さな咳でさえ腰にズキンとくる
風邪をひいていなくて つくづく良かったと思う
くしゃみでギックリ腰になる人もいるぐらい 咳やくしゃみは それだけ腰に負担がかかる行為なのだ
ちなみに サラシは幅の広い包帯みたいなもので やたらと長い

その長さ9メートル

適当に ほどいたら次に巻く時に苦労したので棒に巻きつけながら ほどくようにした
そうしたら萎れた綿菓子みたいな見た目になった
巻いたりほどいたりが面倒だがサラシでの固定は かなり効果的
ただ
自分は腕を後ろに回したり腰をひねったりすると痛むので自分ではサラシを巻けない
それ以前に
サラシは立った状態で腰に巻きたいので 壁や机に手をつけてしか立っていられない自分には両手を使うことが出来ないのだ
なので 嫁に巻いて貰う
強めに巻いて欲しいので 嫁が巻いている最中に 自分が「グッーと!グッーと!」と言ったら
嫁が英語のグッドと聞き間違えたのは余談だ

更に次の日

かなり良くなってきたと思う
歩くのは まだ人間跳び箱状態だが 痛みを感じずに身体を動かせる範囲が広がってきた
パソコンのキーボードも打てる 昨日までは両腕を伸ばすことが腰に負担になり痛くて困難だった
確実に回復へと向かっているようだ
今は油断して 普段と同じ動きをしないように注意しながら過ごしている

椅子に座った時に いつもの癖で 足を組もうとしたら激痛に襲われ うめいたり
先ほど シャワーを浴びるために服を脱ごうと つい壁に当てていた片手を離したら痛みで うずくまったりしてしまった
 
シャワーを浴びて 最初に感じたのは 両太ももがヒリヒリと夏の日差しに日焼けした皮膚のように しみたことだ
手を太ももに当て歩く人間跳び箱状態をし過ぎたせいで 手が当たっていた太ももの表面が こすれて赤くなっていた
そこまでしなければ歩くのさえ ままならなかったと言う事だ
数々の腰痛を味わってきたが ギックリ腰は瞬間的に起きる痛みのレベルが違うと感じた
治るまで あと何日かかるのかは分からないが 取り敢えずの山場は越えたと思う

これは

これを読んでいる貴方にも起こるかも知れない出来事

ギックリ腰になるか ならないかは貴方次第です!!

ギックリ腰になりやすい動作 ランキング!

3位 くしゃみ      腰にくるんだね~
2位 洗面台       中腰での動作がヤバいんだね~
1位 重い物を持ち上げる 基本だね~ 背中や腰で上げようとしちゃんだね~

デスクワークの方も油断しちゃいけませんよ
身体をひねった状態でパソコンとかをしている方 逆方向に身体をひねった時などが危ないですよ~~

広告

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

広告